<調査品目>

つゆの素:【掲載見本】

企業別に見た販売状況

2013年〜2015年(予)

(注)見本につき、現物データとは異なる。

(調味料)
1.食酢 2.ポン酢 3.味噌 4.即席味噌汁 5.醤油 
6.つゆの素 7.うまみ調味料 8.マヨネーズ類 
9.風味調味料 10.液状だし 11.ミリン風調味料類
12.みりん 13.香辛料 14.カレー 15.各種たれ類 16.ウスターソース類
・オコノミ・ヤキソバソース 17.専用ソース類 18.トマトケチャップ
19.削節 20.業務用ガラスープ 21.粉末固形調味料 22.加工ゴマ

業務加工食品市場に関係する加工食品・飲料を品目・企業別に、各外食業態別市場販売実態を克明に調査した業務用食品業界必携資料

●最新改定版業界必携データ ●外食業態別,地域別,シェア動向 ●業務用市場のすべて 

体裁:B5版 約300頁  発刊:2015年11月 価格:66,477円(税込71,795円) 送料:600円別

<調査年次>
2012年  2013年  2014年  2015年予 2016年予

<調査内容>

1.品目別業務用市場動向 
業務用,加工用売上高 数量 

2.種類別販売高
 

3.外食業態・業態別市場推移 
(飲食施設業態別 ・給食業態別 ・チェーンレストラン形態別
・レジャー施設 ・中食業態別) 


4.地域別業務用市場推移
 (北海道、東北、関東、北陸、信越、東海、近畿、中国、四国、九州沖縄) 

5.メーカー別業務用売上高・シェア
(下記品目別に上記調査項目にそって調査・分析しています)

2012年  2013年  2014年  2015年予  2016年予

<掲載見本(つゆの素の掲載例)>

2015年8月〜11月

(米麦加工品)
23.パン粉類 24.小麦粉 25.プレミックス
26.乾めん(うどんそば中華) 28.パスタ 

(農産加工品)
29.納豆 30.豆腐 31.油揚げ・がんも 32.凍り豆腐 
33.植物性タンパク食品 34.漬物類

(水産加工品)
 35.海苔 36.練製品

(レトルト食品)
カレー・ハヤシ・シチュー類・パスタソース類・麻婆豆腐素類 
・スープ類 ・釜飯素・丼素 ・雑炊かゆ類

(冷凍食品)
農産 ・菓子類・フライ・中華惣菜 ・洋風惣菜
・米飯類 ・めん ・シチュー類 ・和惣菜

つゆ類:【掲載見本】

 地域別の業務用食品市場推移

(地域別動向)

2013年〜2016年(予)

つゆ類:【掲載見本】

業務用市場動向の動向

2013年〜2016年(予)

(注)見本につき、現物データとは異なる。



Back

■業務用食品市場は、外食市場の低迷のなかで苦戦を続けていますが、ファーストフードや、トレンディ新業態店に支えられた注目商品は好調な動きを見せております。外食業界においても、新旧の業態間で競争が激化し、今日の外食トレンドに適合した新しい業態・企業の進出が目立っています。

外食企業の新しいメニュー開発の動きと連動して、食材調達市場も大きく様変わりしつつあります。外食業界にとって経営の合理化を進めるなかで、高品質の加工食材はいまや不可欠のものになっております。特に調理済加工食品は、その品質の向上、調理の簡便性、経済性が支持されて、確実に外食市場に浸透しつつあります。 

■本調査資料は、外食需要や加工用需要に支えられた約9兆円の業務用食品市場の需要の構造、地域別市場動向、各社の販売実績と競争力を独自の調査方法によって明らかにしました。
独自な手法から、外食業態別の市場実態を把握したものとして、関係各位に支持されてきております。
業務用食品を取り扱われるメーカー卸売業各位に役立つ戦略資料づくりを目的に刊行致しました。

(飲料)
49.紅茶 50.緑茶 51.コーヒー 52.清涼飲料 (酒類)
53.清酒 54.焼酎 55.ウイスキー類  56.ワイン(果実酒) 57.ビール類

(その他)
58.凍結乾燥食品

(畜肉加工品)
37.ソーセージ類 38.ベーコン類 39.ハム 
40.チーズ 41.バター類  41-2..アイスクリーム類

(食用油)
42.マーガリン 43.食用植物油 44.オリーブオイル 45.ごま油
(調理食品)
46.缶詰類(水産・果実・野菜・野菜・食肉・調理)

つゆ類:【掲載見本】

種類別の動向

(注)見本につき、現物データとは異なる。


▲home資料目録へ
姉妹品業務用食品市場総覧<流通・戦略編>
画像トップ

つゆ類:【掲載見本】

外食業種・業態別の「つゆの素」市場規模推移

(外食業態別動向)

2013年〜2016年(予)

(注)見本につき、現物データとは異なる。

業務用食品市場総覧 <市場実態編>(No.123)